バイアグラの副作用を知らないと最悪な夜になるかも

バイアグラは、1,990年代の後半に登場したED治療薬ですが、元々は狭心症の治療薬として開発されたものです。
臨床試験で思わしい結果が見られないために回収しようとしたところ、被験者が返却するのを嫌がった事が勃起不全の効果が確認されたきっかけです。
これにより、狭心症の治療薬ではなく、ED治療薬として認可される事になり、世界中に一大センセーションを引き起こす事になります。
バイアグラの具体的な作用は、勃起を阻害している酵素の活性を抑制するというもので、これにより陰茎部の血流量が増加します。
そして、性的な刺激をきっかけに勃起できる状態となり、これが5時間から6時間継続します。
つまり、この時間内であれば何回でもプレイを楽しめるという事になります。ただし、精力を増強する様な作用はないので、回数をこなせば疲労は蓄積されます。
また、元々は狭心症の治療薬として開発されたもので、服用すると急激に血圧が低下します。
このために、血圧が著しい低血圧や高血圧の人、心臓や心血管に問題がある人、肝機能障害を患っている人などは、服用する事を禁止されています。
さらに、心臓の鼓動の乱れを整える作用がある塩酸amiodarone製剤との併用する事は出来ません。バイアグラは血圧を急激に変動させる作用があるので、鼓動を乱してしまうからです。
なお、バイアグラは、使用を認められている人が正規の方法で利用した場合でも、高確率で副作用が発生します。具体的には、顔のほてりと目の充血、頭痛や動悸などです。
これらは、効果が発揮されるとほぼ同時に発症するので、服用した場合の副産物などとも表現されています。
つまり、これらの副作用を体感した場合は、既に準備オッケーという状態になっているという事です。

バイアグラで自分の自信を取り戻したという男性は数多くいます。しかし本当に効くのだろうか、単なるプラシーボ効果なのではないだろうか…その疑問の声にお答えするべく、バイアグラの成分から効果、副作用まで、徹底的に調査していきます!

ページの先頭へ戻る